恩納村ダイビングはワールドダイビングを利用しよう

沖縄本島では様々なエリアでダイビングを楽しむことができますが、その中でも恩納村ダイビングエリアは、人気のスポットと言えます。特徴は沖縄屈指の地形的なダイビングスポットが数多くある事です。ドロップオフや洞窟、トンネルやオーバーハングなどその地形的ダイビングスポットは様々であり、世界的にも珍しいエリアの1つです。魚影も濃く、大物ともなるとウミガメやマダラトビエイなども楽しめ、砂地のスポットではマクロ派の人も楽しむことができます。このような恩納村でダイビングを楽しみたいのであれば、ワールドダイビングを利用してみると良いでしょう。

ワールドダイビングでは、恩納村のダイビングスポットを、青の洞窟などで有名な方面に出向する漁港、中級者向けのスポットの多い万座方面の漁港の2カ所に分けて案内がなされています。どちらもスポットまではボートの移動時間は5から10分程度です。1ダイブごとに港に戻り、休憩することが可能であるため、船酔いの心配もないでしょう。沖縄旅行で利用する際にも、午後から2回のダイブも可能です。

沖縄で人気ナンバーワンのダイビングスポットとされているものが青の洞窟です。太陽の日差しで照らされ、青く光るので青の洞窟と呼ばれているのです。水深は約2から6メートルで、天井の高さは約10メートル前後です。半水面の洞窟がトンネル状に奥へと60メートルほど続きます。洞窟の中には数多くの甲殻類が住んでいて、その中でも青の洞窟の入り口付近で毎年大きな群れを作るのがリュウキュウハタンポです。

そして光のクレパスも非常に人気を集めています。迷路のように入り組んだクレパスの中を探検出来るスポットであり、通常のクレパスの隙間から太陽の光が差し込んで幻想的です。水深は5メートルほどなので、初心者の人でも安心して利用することができるでしょう。中には青の洞窟よりも感動するとの声もあり、比較的ダイバーが少ないワールドダイビングオリジナル秘境スポットとなります。

恩納村ダイビングショップ – 沖縄恩納村のワールドダイビング